シェアする

[Unity] Apple Store リリース手順

iOSアプリをApple Storeにリリースするまで

簡単な流れのメモ。

Apple Developer 登録

Apple IDを開発者アカウントにする。年間使用料1万何千円か。

iOS Certificate の作成

iOS Certificate は配信元PCの証明書。

Apple Developer > Certificates, Identifiers & Profiles > Certificates の「+」をクリックして製品(配布)用の証明書を作成する。

有効期限があるため注意する。

使用しているMacを変更する場合、引き継ぎが必要になる。

iOS App IDs の登録

iOS App IDs はアプリの使用するサービスの確認、Bundle IDやPrefix(開発者ID)を識別する。アプリごとかつ配布と開発用で複数作れる。

Apple Developer > Certificates, Identifiers & Profiles > Identifiers の「+」をクリックして新規登録画面を開く。

・Register a New Identifier App IDs選択

・Platform

iOS, tvOS, watchOS選択。

・Description

アプリの名称を記入、UnityのPlayerSettingsで設定したProduct Nameと同じにすると良い。ただしこれはリリース時の名前ではなくApple Developerでの表示用。

・Bundle ID

Explicit を選択しUnityのPlayer Settingsで設定したBundle Identifierをコピーペーストする。

・Capabilities

使用する機能を選択する。

ここのサイト様を参考にしました。以下足りない部分の追記。

Access WiFi Information 現在繋がっているWiFiアクセスポイントの情報を取得する機能を使う場合に必要?
Apple Pay Payment Processing 上記の記事内とは少し名称が変わっているがApple Payと同じ?
AutoFill Credential Provider AutoFill Credential Provider というパスワードの自動入力機能を使用する場合に必要?
ClassKit クラスルーム App にてこのアプリのディープリンクにナビゲートできる機能を使う場合に必要?
Fonts OSのフォントを変えるような機能を使う場合に必要?
Low Latency HLS 低遅延HTTP Live Streamingの機能(つまりはライブ配信機能)を使う場合に必要?
Mac MacOSでもアプリを使えるようにする場合に必要?
Sign In with Apple Sign in with Apple機能を使う場合に必要?
System Extension システム的なUIのデザインを変えたりする場合に必要?

例えば通知にボタンやスイッチを加える場合など。

User Management ユーザー情報を管理する機能を使う場合に必要?

Provisioning Profile の作成

Provisioning Profile は署名された電子証明書を含み iOS デバイスやアプリを識別するためのファイル。

Apple Developer > Certificates, Identifiers & Profiles > Profiles の「+」をクリックして新規登録画面に入る。

・Distribution

App Store を選択。(Development は開発用)

・Select an App ID

今回のアプリを選択

・Select certificates

Certificates を選択

・profile の名前を決めてダウンロードする

・ダウンロードしたmobileprovisionファイルをダブルクリックする(自動でキーチェーンに登録)

Device の登録

テスト端末を登録する。

(面倒だったのでサボった。シミュレータで動いたから多分大丈夫…)

アプリ情報を登録

App Store Connect >マイ App >+ボタン で新規アプリ追加する。

・名前は App Store に表示される App の名称(後で変更可能)

・SKU は App Store では表示されない、App の固有ID、いわゆる在庫管理番号らしい

・App 情報の記入

・価格および配信状況の設定

・提出準備の記入

プライバシーポリシーは、適当にこんな感じで審査は通った。

[Habit Monster] プライバシーポリシー
プライバシーポリシーは、Ryouma Tsunekawa(以下「開発者」)が提供する「Habit Monster」(以下「本サービス」)をご...

アプリをXcodeでアップロード

・Unityから書き出したxcworkspaceファイル(なければxcodeprojファイル)をXcodeで開く

・TARGETS の Unity-iPhone > Genereal > Signing > Automatically manage signingのチェックを外して、自分でXcode profile設定

・TARGETS の Unity-iPhone Tests > Team設定

・TARGETS の Unity-iPhone > CapabilityでiOS App IDs の登録でおこなったものと同じように設定

・Product > Destination > Generic iOS Device を選択

・Product > Archive で Validate App の後 Distribute App を行う

・Upload 完了(30分ほど)メールが来たら App Store Connect の提出準備項目にある” Appを送信する前にビルドを選択してください。”をクリックして Upload したビルドファイルを追加

申請却下理由

・サブタイトルにキーワードを詰め込みすぎ

・年齢レーティングの設定ミス

・Google や Android といった無関係のサードパーティプラットフォーム情報や単語をアプリ内に含めてはいけない(利用規約に Google と書いてあったのがダメだった)

その他、参考サイト様

# はじめに * 何度かやっているはずなのに毎回忘れるので備忘のためメモ # Apple の開発者アカウントの作成 * から `登録` で1200...
iOSいわゆるiPhoneアプリをApp Storeからリリースするための申請作業はそれなりに面倒です。ただ、きちんと作業をすれば問題ありません。ここでは、最初に全体像を把握してその後詳細に入っていきましょう。 iOSアプリ リリース Ov
「誰にでも出来る」をテーマにiOSアプリをApp storeにリリースする手順を紹介するブログ

### AppStoreの年齢レーティングについて * AppStoreの年齢レーティングは、ユーザーに対して、4+,9+,12+,17+で表示されます。 * どの項目がどの年齢レーティングに対応しているかわからなかったので表にまと...