シェアする

[Unity]時間の取得と計算DateTimeの使い方[メモ]

現在日時の取得と計算に必要になるDateTime構造体とTimeSpan構造体についてのメモ。

日時の取得

DateTime構造体のインスタンス生成

まずUnityでDateTime構造体を使うにはusingディレクティブにSystemの名前空間が必要になります。(4行目)

インスタンスの生成方法には、コンストラクタの引数で年、月、日(さらに詳細に時、分、秒)を指定する場合と、Nowプロパティまたは、Todayプロパティを使用して現在日時から生成する場合があります。

プロパティ

以下のプロパティは読み取り専用で不変オブジェクトです。

曜日はDayOfWeek列挙型で public enum DayOfWeek{

Sunday=0,Monday=1,Tuesday=2,Wednesday=3,Thursday=4,Friday=5,Saturday=6

}のように定義されている。

閏年の判定

今年の通算日

日時の計算

DateTimeのAdd系メソッドを使う場合

TimeSpan構造体を使う場合

TimeSpan構造体のプロパティ

プロパティで日や時間のみを取り出して計算するときそれより下の単位は切り捨てられることに注意!!(Dateプロパティ同士の計算で出される答えはint型の日数となり時刻の情報はなくなる)

PlayerPrefsに保存する

PlayerPrefsに保存するためにDateTime.ToBinary().ToString()で文字列にしてる。取り出すときはDateTime.FromBinary(System.Convert.ToInt64())で戻して使ってる。

PlayerPrefsについて

[Unity]データセーブPlayerPrefsについて[メモ]
PlayerPrefsについて PlayerPrefsでは、string型のkeyと保存したい値を指定して、プレイヤーデータのセーブ、ロー...

フォローする