シェアする

スマートフォン(新品)を機種代金一万で購入する方法

今まで使用していたスマートフォンが古くなってきたので機種変更しに行ってきました

今回はなるべく安く機種の代金を済ませたかったので、何かいい方法がないかと調べたり店員さんに相談したりしました

その際に参考になったことをまとめておきたいと思います

今回安くなったのは機種変更の際の機種の代金のみなので利用契約等に関することではないので注意してください

家電量販店で購入する

「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」などの家電量販店で購入すると良いと個人的には感じます

それぞれの量販店によって違いはありますが、そのときどきによってポイントサービスがつくことがあります

これは池袋店や新宿店などの店によっても違うので調べるもしくは店に行って直接確認するようにします

またこれは本当に個人的な感想ではありますがauショップなどの専門店の店員さんよりも量販店の店員さんのほうが対応が丁寧でわかりやすいように感じます

auショップに来るお客さんはほとんどの人がすでにauと契約をしていると思いますが量販店に来るお客さんはdocomoや他のキャリアに乗り換えることもできるということで量販店の店員さんのほうが気合の入り方が違うのではないかと思います

型落ちを選ぶ

これが一番重要です。そもそも機種にこだわりがあってスマートフォンを買う人は無理かもしれませんが特にこだわりがない人はぜひ型落ちのものを選んでみましょう

「型落ちだと性能が落ちるのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが基本的に性能はほとんど変わりません

狙い目なのは1~2年前ほどの機種なので(それより古くなるとそもそも在庫が存在しない)テクノロジーに劇的な変化がない限りはそこまで違いが出ません

下の表は2017年最新のgalaxyの機種の比較を少しだけ並べておきました

Galaxy S8 Galaxy S6 edge

– Android 7.0 Nougat
– Qualcomm Snapdragon 835チップ(米国)、Exynos 9(国際)
– 4GB RAM
– 3,000mAh / 3,500mAhバッテリー

– 12MPメインカメラ/ 8MPフロントフェイスカメラ
– 専用ボタン付きBixby AIアシスタント
– 3.5mmヘッドフォンジャック
– USB-C充電
– microSD搭載の64GBストレージ(最大256GB)
– Bluetooth 5.0、NFC

Android 5.0 Lollipop

64bit Snapdragon 810(8コア2.1GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア)

3GB RAM

2,600mAh

32GB/64GB/128GBストレージ

注目すべき部分としてはRAMとバッテリー、ストレージについてだと思います

RAMに関してはそもそもそんなに使うほどのアプリケーションはないと考えています、複数同時起動をせずこまめにアプリを終了したりしていなければ大丈夫

バッテリーに関してはそもそもこまめに充電していればそんなに不便なことはないとは思います

また外でいろいろとアプリケーションを使う場合はモバイルバッテリーで補うようにしましょう最新機種を買うよりは安く済むと思います

ストレージについては写真や動画をほとんど撮らないのであれば一番容量が少ないもので足りると思います

多く撮る人でも無料のクラウドサービスを利用すれば大丈夫だと思います

ねばる

基本的にこの方法は店側の在庫次第です

量販店側としては高いものを売りたいと考えていると思うので在庫を探すのを渋ってくるかもしれませんがなるべくねばって交渉し在庫を確認してもらいます

もちろんないこともあります というか、ないことのほうが多いです

それでも多くの店を回ってなるべく探し回ります

量販店を選ぶ基準としては池袋や新宿などの量販店が密集している地域が狙い目です

まとめ

  1. 池袋、新宿などの家電量販店(「ビックカメラ」「ヤマダ電機」など)に行く
  2. 型落ちの機種の在庫がないかどうか店員さんに聞く(先に予算をいうのがベスト)
  3. 欲しい金額での在庫がなければ他の店に行く

今回はこの方法で

9000円でgalaxy S6 Edgeを購入しました

ほとんどの人にとって今のスマートフォンはオーバースペックだと考えています

どんどんとスマホは進化するけれどもその能力のほとんどを活用できていない、もしくは満足している状態にあると思います

なので無理をして高い金を払ってまで最新モデルを買う必要はないのです

最新の機種を持っていないと気が済まないという人は別ですが、「豚に真珠」みたいなものだと考えています

フォローする