シェアする

最短で行くUnityのはじめ方[メインウィンドウ編]

メインウィンドウで各ビュー画面とよく使うところを簡単に説明します。細かいところはUnityのマニュアルに載っているけど、ほとんどが知らなくても困らないと思う。

Sceneビュー

左上

ゲームオブジェクト を選択し配置するのに使用する作業場

シーンギズモ

Sceneビューでのコンパスみたいなもので、視点を変えられる。どっち向いてるかわからなくなったときとかに使う。いくつか表示モードがある。

Gameビュー

左下

ゲーム内のカメラから見た光景、最終的に出力するゲーム画面。もちろんカメラは必須。

Hierarchyウィンドウ

SceneビューとGameビューの右隣り

Sceneビューにあるゲームオブジェクトのリスト

Projectウィンドウ

Hierarchyの右隣り

ゲーム素材置き場。プロジェクトに属するアセットにアクセスし、管理することができる。

Inspectorウィンドウ

Projectウィンドウの右隣り

SceneウィンドウやProjectウィンドウで選択中のオブジェクトのプロパティー(コンポーネント)。この画像はMainCameraを選択しているときのプロパティー。

その他ツール

ハンドツール

右上ツールバー

 視点移動:クリック&ドラッグ

 視点回転:Alt キーを押しながらクリック&ドラッグ

 ズーム:WindowsではAlt キーまたはを押したまま、右クリック。MacではControlを押しながらクリック&ドラッグ

他のアイコンはInspectorウィンドウで操作することが多いからあまり使わない。

プレイモード

上中央

右の再生アイコンを押すとゲームが実行される。

操作の流れ

Projectビューにゲームオブジェクト(ゲーム素材)を追加して、それをHierarchyウィンドウに放り込む。そのオブジェクトのプロパティー(位置や当たり判定など)をSceneビューで確認しながら編集し、ゲームを実行したらGameビューで動作チェックを行う。

フォローする